データベースを自動でバックアップするWP-DBManagerの設定と日本語化

データベースを自動でバックアップするWP-DBManagerの設定と日本語化

こんにちは、パワフル母ちゃんみゆきです^^

WordPressのDBのバックアップきちんととってますか?

なんだか面倒臭そうなデータベースのバックアップもプラグインを使えば簡単です!

今回紹介するWP-DBManagerというプラグインは設定しておけば、あとは自動で定期的にバックアップをとってくれます。

初心者さん向けにWP-DBManagerの初期設定を解説していきます!

WP-DBManagerの設定方法の動画

動画で解説しています!

WP-DBManagerのインストールと日本語化

1.ワードプレスメニューの『プラグイン』→『新規追加』→『WP-DBManager』を検索して有効化します。

2.ワードプレスメニューDatabaseという項目が増えています。
これを見やすくするために日本語化していきます。

3.日本語化するには下記のサイトから日本語化ファイルをダウンロードして下さい。

WP-DBManage日本語化ファイル

ダウンロードしたZipファイルを全て展開して、この中のファイル3つをデスクトップに移動します。

wp-dbmanager.pot
wp-dbmanager-ja.mo
wp-dbmanager- ja.po

4.次はFFFTPを起動します。
『ドメイン/public_html/wp-content/plugins/wp-dbmanager』の所に上記のファイルを移動させます。

5.どのようになったか自分のサイトを見てみましょう!
下記のようになっていればWP-DBManageの日本語化は完了です!

WP-DBManagerにエラー表示が出た時の対処法

1.『ドメイン/public_html/wp-content/plugins/wp-dbmanager』を開き、ここの『htaccess.txt』をデスクトップに移動します。

2.移動した『htaccess.txt』『.htaccess』という名前に変更します。

名前を変更しようとしても名前が変更出来ない時

『htaccess.txt』のファイルを開いて名前を付けて保存をクリックします。

そこで名前を『.htaccess』に変更すると名前を変更することができます。

※詳しくは動画で説明しています!!


3.『.htaccess』に名前が変更できたら『ドメイン/public_html/wp-content/backup-db』にファイルを移動します。

これでエラーメッセージは消えるはずです!

WP-DBManagerのバックアップの設定方法

手動でバックアップをする方法

ワードプレスメニューのデータベースからDBバックアップをクリックします。
一番下のGzip圧縮を使用しますか?っと書かれている所をはいにしてバックアップをクリックします。

自動でバックアップをする方法

ワードプレスメニューのデータベースからDBオプションをクリックします。
ここはお好みですが、私はバックアップファイルの数を『5』にしています。

自動スケジュールを設定します。
私は2週間に1度バックアップをとる設定にしています。
Gzip圧縮ははいにします。

ここまで設定すると、WordPressに設定している自分のメールアドレス宛に、データベースのバックアップファイルが送信されてきます。

WordPressにもバックアップが残るし、メールでもバックアップファイルを受け取れるので、2重に安心ですよね^^

自分は大丈夫だと思っていても、予測不能の事態が突然訪れる事があります!

データが壊れてからでは遅いので今から対策をしていきましょう!

他のお勧めプラグインは?

お問い合わせ
質問や感想はこちらからお願いします!

パワフル母ちゃんみゆきのメルマガ


コメントはここからお願いします^^

*